JAL、お盆期間中の輸送実績…国内線・国際線ともに利用率アップ

航空 企業動向
JAL(イメージ)
  • JAL(イメージ)
日本航空(JAL)は、2016年度お盆期間中(8月10日~21日)の利用実績を発表した。

国内線の提供座席数が前年同期比1.3%減の164万4915席に対して、旅客数が同5.2%増の140万6496人と順調だった。利用率は5.3ポイントアップの85.5%となった。

新たな祝日「山の日」の設定や割引運賃の設定便拡大により、帰省需要、観光需要が旺盛となり、全方面で前年を上回った。方面別では中国・四国方面の旅客数が好調だった。

国際線は、提供座席数が同0.1%増の35万9149席に対して旅客数が同2.0%増の33万1078人と順調だった。利用率は1.7ポイントアップして92.2%と9割台となった。

方面別では、特に米州線は旅客数、搭乗率とも前年を上回った。搭乗率ではグアム・ハワイ線が特に好調で、中国・韓国・台湾線も搭乗率が前年を上回った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 空の便、お盆期間中の予約…「山の日」効果で国内線好調 画像 空の便、お盆期間中の予約…「山の日」効果で国内線好調
  • JAL、減収減益…欧州テロ影響などで国際線低迷 4-6月期決算 画像 JAL、減収減益…欧州テロ影響などで国際線低迷 4-6月期決算
  • JAL、沖縄キャンペーンを多言語で展開 画像 JAL、沖縄キャンペーンを多言語で展開
  • JAL、国際線旅客人数が2カ月連続マイナス…欧州テロ影響など 6月 画像 JAL、国際線旅客人数が2カ月連続マイナス…欧州テロ影響など 6月

特集