世界で最も楽しい?…日本精工の工場案内プロジェクト 11月

自動車 ビジネス 企業動向
大形軸受製造の様子(藤沢工場)
  • 大形軸受製造の様子(藤沢工場)
日本精工は、2016年11月8日に創立100周年を迎えることから記念イベントの一環として藤沢工場で「世界で最も楽しい工場案内プロジェクト」を実施する。

劇作家・柴幸男氏が、同社の工場を楽しく、明るく、わかりやすく紹介する。

同社では100周年を記念し、プロジェクトを実施する。取り組みの一つとして、1937年の操業開始以来、鉄道、鉄鋼、工作機械、風力発電機など、幅広い産業向けに高品質な様々なベアリングを生産してきた藤沢工場を劇場に見立て、柴幸男氏が「知って、笑って、腑に落ちる!」をテーマに、同社の技術、歴史、働く人の一日を楽しく、わかりやすく紹介する。

柴氏による演技指導のもと、同社社員が実際の工程を一緒に周りながら、鉄が800度で焼入れされる様子、鉄を精緻に削る工程、ベアリングが組み立てられる様子、歴史を感じさせるエピソードを披露する。ベアリングの工場を、演劇を通じて楽しみながら理解できる参加型のプログラム。

11月3日、23日には、藤沢工場を一般に開放し、工場見学ツアーを開催する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本精工、為替変動の影響で減収減益 4-6月期決算 画像 日本精工、為替変動の影響で減収減益 4-6月期決算
  • 日本精工、米国集団訴訟で和解---軸受製品の価格カルテルについて 画像 日本精工、米国集団訴訟で和解---軸受製品の価格カルテルについて
  • 小学生が車を塗装…夏休みイベントをBASFがサポート 画像 小学生が車を塗装…夏休みイベントをBASFがサポート
  • 【海の日】東京港晴海埠頭に9隻が集合!![写真蔵] 画像 【海の日】東京港晴海埠頭に9隻が集合!![写真蔵]

特集

おすすめのニュース