曙ブレーキ、赤字幅が拡大…北米拠点の生産混乱 4-6月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
曙ブレーキ
  • 曙ブレーキ
曙ブレーキ工業が発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、経常損益が22億6000万円となった。前年同期は3億1300万円の赤字で赤字幅が拡大した。

売上高は前年同期比3.3%減の670億4300万円と減収だった。国内は熊本地震や燃費不正問題の影響で減収となった。海外は北米、中国の受注が順調だったほか、欧州でも高性能量販車向けビジネスが拡大したが、為替換算の影響で減収となった。

損益では、中国での受注拡大や国内の経費削減効果があったものの、北米の生産混乱に伴うコスト負担によって、営業赤字は10億3100万円と、前年同期の1500万円から赤字幅が大幅に拡大した。四半期損益は30億6500万円の赤字だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 曙ブレーキ、2016年3月期業績見通し…米国生産拠点で減損などで最終赤字195億円に下方修正 画像 曙ブレーキ、2016年3月期業績見通し…米国生産拠点で減損などで最終赤字195億円に下方修正
  • 曙ブレーキ、マクラーレン P1 搭載の高性能ブレーキで日本機械学会賞を受賞 画像 曙ブレーキ、マクラーレン P1 搭載の高性能ブレーキで日本機械学会賞を受賞
  • JVCケンウッド、為替変動を除くと実質増収増益 4-6月期決算 画像 JVCケンウッド、為替変動を除くと実質増収増益 4-6月期決算
  • 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響 画像 三菱自動車の第1四半期決算…最終赤字1297億円、燃費データ不正問題が影響
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース