昭和シェル石油、業績見通し上方修正…原油価格が上昇 中間期

自動車 ビジネス 企業動向
昭和シェル石油は、2016年6月中間期(1~6月期)の連結業績見通しを上方修正した。

想定より石油製品マージンの低迷や太陽光発電所販売の遅れによる減益が見込まれるものの、原油価格が想定価格よりも上昇したことに伴う棚卸資産評価の影響額の増加による増益効果によって利益が前回予想を上回る見通しとなった。

営業利益は前回予想より96億円増の156億円、経常利益が72億円増の132億円、四半期損益は40億円の赤字を見込んでいたが52億円の黒字となる見込み。

売上高は前回予想より115億円増の8515億円を予想する。

棚卸資産の評価影響を除いた経常利益相当額は160億円程度を見込む。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 東燃ゼネラル石油、中間期業績見通しを下方修正…石油マージン下落など 画像 東燃ゼネラル石油、中間期業績見通しを下方修正…石油マージン下落など
  • 昭和シェル石油、国内向け原油処理量3%減の657万8000キロリットル…7-9月期 画像 昭和シェル石油、国内向け原油処理量3%減の657万8000キロリットル…7-9月期
  • 昭和シェル第1四半期決算…最終赤字69億円に縮小、石油事業販売改善 画像 昭和シェル第1四半期決算…最終赤字69億円に縮小、石油事業販売改善
  • 米EVテスラ、太陽光発電ベンチャーを買収へ…個人が発電 画像 米EVテスラ、太陽光発電ベンチャーを買収へ…個人が発電

特集

おすすめのニュース