デンソー、ハウス内をモニタリングできる農業ICTシステムを発売

自動車 ビジネス 国内マーケット
プロファームモニター
  • プロファームモニター
  • プロファームモニター ホーム画面
デンソーは、農業用ハウス内環境をリアルタイムにスマートフォンなどでモニタリングできる農業ICTシステム「プロファームモニター」を7月1日から発売する。価格(税別・通信費別途)は28万8000円。

プロファームモニターは、温度・湿度・CO2センサー、日射センサー、通信機本体、取付ケーブルとオプションの水分センサーで構成。自動車品質に準じた高い耐候性と精度を備えた機器により、ハウス内の気温、湿度、CO2濃度、日射量を計測し、データをクラウド上で管理。スマートフォンやタブレット、PCなどでハウスから離れた場所でもリアルタイムに閲覧できる。

電源はACプラグ(100V)に対応。また簡単に脱着できるケーブルの採用により電気工事が不要で、土壌消毒や清掃の際に脱着が容易にできる。さらに、停電時や設定したセンサーの規定値を超えた場合に異常をメールで知らせる機能を標準で装備するとともに、すぐ相談できるサポートセンターを設置する。

デンソーは昨年4月、車載空調システム技術や工場用制御技術を活用し、ハウス内を最適状態に自動制御するシステム「プロファームコントローラー」を発売。今回のプロファームモニターはモニタリング機能に特化したことで安価を実現。取り付けが容易なため、ハウスの規模を問わず、新規農業就業者から環境制御に関心の高いユーザーまで幅広い導入を目指す。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース