山形大学など、ドローンを利用した農業管理システムを開発

航空 企業動向
ドローンを活用した先端モデル農業システム「ISSA山形プロジェクト」の概要
  • ドローンを活用した先端モデル農業システム「ISSA山形プロジェクト」の概要
山形大学農学部と鶴岡グリーンファーム、コニカミノルタ、伊藤電子工業、ヤンマーヘリ&アグリは、農業界と経済界が連携し未来の豊かな農業を先進技術でサポートするため、ドローンを利用した先端モデル農業システムを開発した。

気象変動に伴う気象災害への対応、環境保全型農業の推進の中で、収穫量を安定的に確保するとともに、品質の高位平準化を図るためには、きめ細かな診断と対応が重要。さらに、農地集積などによる規模拡大、ベテラン農家のリタイアが常態化する中で経験や勘に頼らないで大面積の診断や可変施肥を行う手法の開発が急務となっている。

今回5者は、コンソーシアム「ISSA山形」を設立して共同研究を行ってきた。その成果として、ドローンに搭載したマルチカメラで空撮した画像を用いて稲の生育状況(葉色、茎数など)を評価した「圃場のばらつきマップ」を作成し、「ばらつき」に対応した可変施肥を無人ヘリによる行うシステムを開発した。

水稲の葉色診断に加えて、様々なセンシング技術の応用により「すべての栽培プロセス診断」の実現と水稲以外の「すべての農作物」へ適応していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 人が乗れるドローン「EHang 184」、米ネバダ州で飛行テストへ 画像 人が乗れるドローン「EHang 184」、米ネバダ州で飛行テストへ
  • タイプエス、上空気象観測用ドローンを10月に発売 画像 タイプエス、上空気象観測用ドローンを10月に発売
  • 国交省、建設分野の生産性向上補助事業にドローンによる検査など採択 画像 国交省、建設分野の生産性向上補助事業にドローンによる検査など採択
  • ANA、マイレージサービスで同性パートナー登録を受付…LGBT 画像 ANA、マイレージサービスで同性パートナー登録を受付…LGBT

特集