シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

航空 企業動向
シンガポール航空のA350-900
  • シンガポール航空のA350-900
シンガポール航空は10月23日からシンガポール-サンフランシスコ間の直行定期便を1日1往復で開設し、シンガポール-ロサンゼルス間の定期便を1日2往復に増便する。

シンガポール航空は現在、シンガポール-サンフランシスコ間で、香港経由とソウル・仁川経由の定期便を1日1往復ずつ運航している。10月23日以降は、香港経由の定期便を残しつつ、新たに直行定期便を開設する。

シンガポール-サンフランシスコ間の定期便のうち、ソウル経由は10月23日からシンガポール-ロサンゼルス間に運航区間を変更する。シンガポール-ロサンゼルス間は、それまでの東京・成田経由(1日1往復)に、ソウル経由(1日1往復)が加わり、1日2往復に増便される。

シンガポール-サンフランシスコ間の直行便はエアバスA350-900を使用する。フライト時間は14時間35分~17時間45分で、シンガポール航空便としては最長のフライトになる。ただ、超長距離型のA350-900ULRを受領する2018年以降は、より長い区間のシンガポールとロサンゼルス、ニューヨークを結ぶ直行便の運航が可能になる。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース