静岡大学、ISS「きぼう」日本実験棟から放出する超小型衛星を開発…今夏以降に打ち上げ

宇宙 テクノロジー
静岡大学が開発した超小型衛星STARS-C
  • 静岡大学が開発した超小型衛星STARS-C
静岡大学は、静岡県で初となる超小型衛星STARS-Cを開発するととともに公開した。

衛星は静岡大学から提案し、2014年9月に国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」からの放出衛星に選定された。衛星は一辺10cmの正六面体の2つの衛星をテザーと呼ばれるケーブルで繋いだ構造で、将来の宇宙エレベーターなどにとって重要なテザー展開技術を宇宙で実証するもの。

衛星の開発は、同大学工学部機械工学科・山極芳樹教授、能見公博教授の研究室が中心となり、技術部学内の協力、高柳記念未来技術創造基金の援助、地元を中心とする企業・団体の協力を得て進めている。

今後、JAXAへの引き渡しを経て、今夏以降打ち上げる予定。また、超小型衛星STARS-Cについて愛称を公募する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集