【北京モーターショー16】マツダ CX-4[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
  • マツダ CX-4(北京モーターショー16)
マツダは新型クロスオーバーSUV『CX-4』を、中国で開催された北京モーターショー16で初公開した。

CX-4は、SKYACTIV(スカイアクティブ)技術と、魂動(こどう)デザインを全面的に採用した、マツダ新世代商品の最新モデルとなる。ボディサイズは、全長4633×全幅1840×全高1535mm(2リットルAT車は全高1530mm)、ホイールベース2700mm。

フロントマスクには、マツダの最新ファミリーフェイスを導入。ヘッドライトには、LEDを採用。サイドビューでは、19インチの大径ホイール&タイヤが特徴。マツダによると、ダイヤモンド切削の金属成形技術が、絶妙な質感を表現しているという。

インテリアは、活気に満ちたデザインを採用。さらに、リラックスしてドライブできることも重視された。ダッシュボードには、アルミとホワイトウッドを組み合わせたトリムパネルを用意。丁寧に縫製されたレザーシートも設定する。

CX-4には、SKYACTIVテクノロジーを導入した高効率な直噴ガソリンエンジン、「SKYACTIV-G」を搭載。マツダによると、パワーと楽しさ、優れた燃費性能を両立させているという。また中国仕様には、SKYACTIV 仕様の6速MT、「SKYACTIV-DRIVE」を設定。駆動方式は、4WDの「i- ACTIV AWD」。走行状態や路面状況により、最適な駆動トルクを前後の車輪に分配する。

2016年6月から中国で生産、販売を開始する予定。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集