三菱重工、三菱自の影響で業績見通しを下方修正…米国撤退で特損

自動車 ビジネス 企業動向

三菱重工業ウェブサイト
  • 三菱重工業ウェブサイト
  • 三菱自動車本社(参考画像)
三菱重工業は、持分法適用会社の三菱自動車の2016年3月期決算の影響から業績見通しを下方修正した。

売上高4兆0460億円、営業利益3095億円と前回予想を据え置いたが、経常利益は前回予想より20億円マイナスの2725億円に下方修正した。

当期純利益は660億円を予想していたが640億円になる見通しに下方修正した。三菱自は米国の生産から撤退したのに伴って特別損失を計上、経常利益、当期純利益が減益となったため。

三菱自は燃費に関する不正が発覚したことから、2017年3月期業績見通しは「未定」とした。今回の三菱重工の業績見通しは燃費の不正問題は織り込んでいない。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集