JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

宇宙 企業動向

左:スイングバイまでのロゴ 右:色を変更したロゴ
  • 左:スイングバイまでのロゴ 右:色を変更したロゴ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「はやぶさ2」ミッションロゴの色を変更した。

「はやぶさ2」は、地球スイングバイを終了し、小惑星リュウグウに向かう軌道に順調に乗っている。打ち上げ後、1年間、電気推進(イオンエンジン)と地球スイングバイを組み合わせた探査機の軌道航法「EDVEGAフェーズ」が終了し、地球軌道からリュウグウの軌道に移る「Transferフェーズ」に移行した。

今回この節目に、これまでのミッションロゴの色を変えた。描かれているイラストは同じだが、小惑星の名称を仮符号の1999 JU3からRYUGUとした。

青系統にしたのは、「はやぶさ2」が、地球近傍軌道から離れて太陽系空間を深く突き進むイメージを青系統に託したとしている。また、浦島太郎は、亀に乗って大海原を深く進んで竜宮城に行くイメージからも青が似合うと考えたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集