JAF、熊本地震被災者を会員扱いでロードサービス提供

自動車 ビジネス 企業動向

熊本地震で被害を受けた車両
  • 熊本地震で被害を受けた車両
  • 熊本県の様子
JAF(日本自動車連盟)は4月20日、熊本地震への対応で、当面の措置として被災地域の被災者からの車両救援依頼に対して、会員扱いでロードサービスを提供すると発表した。

熊本県および大分県の被災者を対象に、両県被災地域全域でのロードサービスについて、JAF会員でなくても会員同様のサービスを提供する。ただし、会員無料範囲を超えるサービスは有料となるほか、非会員の車両けん引は、安全と思われる場所までの近距離移動となる。

併せて、JAFでは避難場所での車両無料点検サービスを可能な限り速やかに開始することを決定。実施場所など詳細については決定次第JAFホームページ、SNS公式アカウントなどで発表する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集