エア・バルティック、タリン=ビリニュス線を再開設…月~金に1日2往復運航

ラトビアのエア・バルティックは4月18日、エストニアの首都タリンとリトアニアの首都ビリニュスを結ぶ路線を再開設した。

航空 企業動向
エア・バルティック機
  • エア・バルティック機
ラトビアのエア・バルティックは4月18日、エストニアの首都タリンとリトアニアの首都ビリニュスを結ぶ路線を再開設した。

ラトビアのフラッグキャリアはタリン・ビリニュス発着路線の充実を図っており、タリン=アムステルダム、パリ、ベルリン線、ビリニュス=ストックホルム、ベルリン、アムステルダム線などを開設。また、バルト三国の市場統合に欠かせない路線として、リガ=タリン、ビリニュス線を1日5往復運航している。リガはラトビアの首都で、エア・バルティックの拠点。

タリン=ビリニュス線の運航便数は週10往復(月・火・水・木・金に1日2往復)。フライトスケジュールは次の通り。タリン出発時刻は8時50分、19時40分。ビリニュス出発時刻は8時45分、19時40分。所要時間は1時間20分。使用機材はボンバルディアQ400型機。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース