長良川鉄道、脱線事故で全線運転見合わせ

鉄道 企業動向

長良川鉄道は4月15日に発生した脱線事故の影響で、16日は全線で列車の運行を見合わせている。

長良川鉄道は、美濃太田(岐阜県美濃加茂市)~北濃(郡上市)間72.1kmの越美南線を運営する第三セクター。1986年12月、国鉄から同線の経営を引き継いだ。

同社の発表によると4月15日19時25分頃、北濃18時01分発の美濃太田行き列車が、母野~洲原間の須原トンネル(美濃市)を走行中に脱線した。17日以降の運行は未定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集