大韓航空、サンクトペテルブルク・イルクーツク線を再開設へ

航空 企業動向
大韓航空、サンクトペテルブルク・イルクーツク線を再開設へ
  • 大韓航空、サンクトペテルブルク・イルクーツク線を再開設へ
大韓航空は4月15日、ソウル=サンクトペテルブルク、イルクーツク線を再開設するとフェイスブックで発表した。

サンクトペテルブルクはロシア北西部の大都市。エルミタージュ美術館、聖イサアク大聖堂などがある「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」は世界文化遺産に登録されている。

イルクーツクはシベリア地方の都市。近くにある「バイカル湖」は世界一深い淡水湖で、ロシア国内に10ある世界自然遺産のひとつ。

サンクトペテルブルク線は4月21日から週3往復で運航。ソウル発は火・木・日。使用機材はエアバスA330-200型機。

イルクーツク線は5月13日から週2往復で運航する。ソウル発は月・金。使用機材はボーイング737-900ER型機。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース