トヨタ、テレマティクス自動車保険サービス会社を共同設立…米国

自動車 ビジネス 企業動向

TMS(米国トヨタ自動車販売)のカリフォルニア州の現本社
  • TMS(米国トヨタ自動車販売)のカリフォルニア州の現本社
トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、あいおいニッセイ同和損害保険の3社は4月13日、米国に共同出資会社のトヨタインシュランスマネジメントソリューションズUSA, LLC(以下、TIMS)を設立した、と発表した。

新会社は、トヨタのビジョンの安全・安心・便利なモビリティ社会の構築に保険面で貢献していくのが目的。あいおいニッセイ同和損保とトヨタファイナンシャルサービスは、各々の米国子会社を通じて出資し、トヨタは2016年1月に米国に設立したトヨタコネクティッドを通じて出資する。

また、新会社は、トヨタコネクティッドの最先端のデータ分析、トヨタファイナンシャルサービスの金融、あいおいニッセイ同和損保のテレマティクス自動車保険といった、それぞれのノウハウを集約させることで、より顧客に満足してもらう保険サービスの提供を目指す。

カリフォルニア州南部のトヨタファイナンシャルサービス米国拠点付近において、トヨタの顧客向けのテレマティクス自動車保険の開発支援を行うとともに、販売店・ディストリビューターと一体となって、顧客により満足してもらう新たなサービスの提供に貢献していく予定。そのために、TIMSは保険分野でのビッグデータの分析とアルゴリズムの開発、あわせてマーケティング等の活動も進めていく。

TIMSは米国での展開を手始めに、トヨタのグローバル事業と連動した展開も視野に入れる。同社は、「蓄積する保険データを活用し、トヨタが人工知能やロボティクス分野の研究拠点として設立したToyota Research Institute, Inc.とも連携していく予定」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集