エティハド航空、アブダビ=ヨハネスブルグ線を週3往復増便へ…7月1日~9月29日

航空 企業動向
エティハド航空のエアバスA330-200
  • エティハド航空のエアバスA330-200
アラブ首長国連邦(UAE)のエティハド航空は7月1日~9月29日の期間、アブダビ=ヨハネスブルグ線を週3往復増便する。

アブダビ=ヨハネスブルグ線は1日1往復で運航しているが、アブダビ早朝発、ヨハネスブルグ朝発の便を新たに設定し、需要の高まりに応える。増便分の機材にエアバスA330-200とボーイング777を使用し、提供座席数を計2万3700席増やす。

増便分のフライトスケジュールは次の通り。602便はアブダビを1時45分に出発し、ヨハネスブルグに8時15分に到着。601便はヨハネスブルグを9時45分に出発し、アブダビに20時15分に到着する。運航曜日は水・木・金(7月)、火・木・土(8月~9月)。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース