【スピーカー交換のススメ】気鋭のドイツブランド『GROUND ZERO GZ-GZRC 165FXll』

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

GROUND ZERO GZ-GZRC 165FXll 2万6000円(税別)
  • GROUND ZERO GZ-GZRC 165FXll 2万6000円(税別)
世界、50カ国以上のディストリビューターへ、供給する気鋭のドイツブランド、グラウンドゼロ。   

GROUND ZEROは、カールF.ラウトナーとピーター・ウンターハルンシャイトのよって'95年、ドイツのフランクフルトの設立されたアルティメイト・サウンド/MaGmAGmbH社が欧州市場向けに米国からのカーオーディオ製品の代理を手掛けたことから始まったという。今日では、200以上に上るカーオーディオ(すべてドイツで開発)を世界50カ国以上のディストリビューターに供給を行っている。

'97年、アメリカ人のスピーカーデザイナー、ボブ・カーヴァーとのコラボのより今までにない構造のサブウーファー開発に成功。センセーショナルを巻き起こし、瞬く間にアメリカ発祥のドイツブランドとして世界にその名を轟かせるまでに至る。'03年に社名をグラウンドゼロ GmbHに変更。全世界でグランドゼロの商標権を取得しているという。

前置きが長くなってしまったが、グラウンドゼロはパワーアンプ、シグナルプロセッサー、コアキシャル&コンポーネント・スピーカー、サブウーファー、アクセサリーまで幅広い製品をラインナップ。一部では、サブウーファーやハイパワーアンプというイメージをもっている人もいるだろうが、それだけでなく、ハイファイユーザーに向けて満足できる製品作りや卓越した技術により、コストパフォーマンスに長けた製品を打ち出している。

ラインナップの中で利便性に富んだスピーカーをご紹介しよう。GZ-GZRC 165FXllは、16.5cm/2Wayコンポーネントスピーカー。あらゆる車種への取り付けが可能で奥行きわずか、44mmの極薄ミッドウーファーに注視してほしい。近年、軽カー、コンパクトカーなど、ドア内部、奥行きが厳しいクルマが増えている。そのようなクルマに通常の大きなミッドウーファーを装着すると、迫り出した格好になったり、ときには大きな加工が必要だ。同ミッドウーファーは、25mm口径のボイスコイルと大型フェライトマグネットを搭載。振動板には軽量、高剛性なグラスファイバーを採用、ナチュラルな質感と高対入力を実現している。

一方、トゥイーターは、角度調整が可能なスイベル式で振動板は25mm口径のシルクドーム、磁気回路に強力な磁力をもつネオジウムを採用。フラッシュマウント、アングルマウントの2種類のアダプターを標準装備。あらゆる取り付けが可能で、同梱のパッシブクロスオーバーは、トゥイーターレベルを5段階に調節出来るほか、位相切り替え(0°または180°)クロスオーバースロープ切り替え(-12dB/-18dB@3kH)と本格的な内容となっている。

16.5cm/2ウェイ・コンポーネントスピーカーとして、2万6000円(税別)は、非常にお買い得感がある。能率は90dBあり、大音量でなければ、内蔵アンプでも十分にパフォーマンスを発揮できるだろう。
《永松巌》

編集部おすすめのニュース

特集