デンソー、多様な障がい者雇用促進を目的とした新会社を設立

自動車 ビジネス 企業動向
デンソー本社(参考画像)
  • デンソー本社(参考画像)
デンソーは、障がい者の雇用促進を目的とした新会社「デンソーブラッサム」を1月21日に設立したと発表した。

新会社は、社内郵便物の仕分け・配達や清掃・緑化など、デンソーからのオフィスサービス業務の受託を主な事業として、2017年4月から操業を開始する。

デンソーはこれまで、生産職場および1984年に設立したデンソー太陽で、身体障がい者や知的障がい者の雇用・活躍促進に努めてきた。新会社となるデンソーブラッサムでは、社会的に就労が進んでいない重度障がい者をはじめ、障がいの種類や程度、または本人の志向に応じて働く場を選択できるよう、多様な就労機会を創出する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み 画像 アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み
  • 半身麻痺を克服した元バイクレーサー片山貴信、エクアドル6000m登頂へ 画像 半身麻痺を克服した元バイクレーサー片山貴信、エクアドル6000m登頂へ
  • ユニクロ、『スペシャルオリンピックス夏季大会』へ公式ウェア供給 画像 ユニクロ、『スペシャルオリンピックス夏季大会』へ公式ウェア供給
  • ヤマハ発動機、障がい者雇用促進のための新会社を設立 画像 ヤマハ発動機、障がい者雇用促進のための新会社を設立

特集

おすすめのニュース