【まとめ】ジムニー譲りの走破性と上質な室内空間…スズキ エスクード

自動車 ビジネス 国内マーケット
スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
  • スズキ エスクード
新型『エスクード』は、2013年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトモデル、『iV-4』を元に開発、2015年1月からスズキのハンガリー工場で生産が行われている。『ビターラ』という名称で欧州でも展開されており、日本では10月15日に発売した。

同車は、クロスオーバーと本格クロカンとの間に位置づけられ、コンパクトなボディサイズながら、室内空間、荷室スペースを充分確保。『ジムニー』や現行エスクードで培った高い走行性能、悪路走破性を継承した本格SUVだ。

メッキフロントグリルやガンメタリックに塗られた17インチ専用ホイールが力強さを強調し、内装にはシルバーガーニッシュやスエード調シートが採用され、スポーティで上質な室内空間を演出している。ボディサイズは、全長4175×全幅1775×全高1610mmで、ホイールベースは2500mm。

ボディカラーは新色の「アトランティス ターコイズ パールメタリック ブラック2トーンルーフ」を追加した全4色。 また今回LEDヘッドランプを新しく採用、作動速度域の拡大や、ブレーキアシストなどの機能が追加された衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートII」を標準装備とした。


※タイトルをクリックすると記事へリンクします。

◆クラムシェルデザインでどう変わった

【スズキ エスクード 新型】スズキSUVのイメージと躍動感の融合

【スズキ エスクード 新型】普遍的な直線基調に、新しさを感じさせる面構成

【スズキ エスクード 新型】スズキのSUVらしさを感じられるデザイン

【スズキ エスクード 新型】欧州から「逆輸入」のコンパクトSUV…好評なデザイン売りに


◆クロカン? SUV? 気になる走破性

【スズキ エスクード 新型】本格クロカンとCセグクロスオーバーの間を埋める

【スズキ エスクード 新型】幅広いシーンに対応するコンパクトSUV、212万7600円から

【スズキ エスクード 新型】伝統の走破性を受継いだ本格コンパクトSUV[写真蔵]
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【スズキ エスクード 新型】併売される現行型、「エスクード2.4」名前の理由 画像 【スズキ エスクード 新型】併売される現行型、「エスクード2.4」名前の理由
  • スズキ エスクード 新型に1.4ターボの「S」…英国発売 画像 スズキ エスクード 新型に1.4ターボの「S」…英国発売
  • 【東京モーターショー15】スズキ アルトワークス…伝説の軽スポーツ、3ペダルで復活[詳細画像] 画像 【東京モーターショー15】スズキ アルトワークス…伝説の軽スポーツ、3ペダルで復活[詳細画像]
  • 【カーオブザイヤー15】スモールモビリティ部門は、スズキ アルト シリーズ 画像 【カーオブザイヤー15】スモールモビリティ部門は、スズキ アルト シリーズ

特集