インドのマヒンドラ、ピニンファリーナ買収で合意

自動車 ビジネス 企業動向

ピニンファリーナがデザインしたフェラーリ セルジオ
  • ピニンファリーナがデザインしたフェラーリ セルジオ
  • BMW ピニンファリーナ・グランルッソクーペ(参考画像)
  • フランスのEVカーシェアリングに導入されているピニンファリーナ・ブルーカー(参考画像)
イタリアの有名カロッツェリアで、フェラーリやアルファロメオなどのデザインを手がけてきたピニンファリーナ。同社が、インド企業に買収されることが決定した。

これは12月14日、インドのマヒンドラグループ傘下の自動車メーカー、マヒンドラ&マヒンドラが明らかにしたもの。「テック・マヒンドラ社と共同で、ピニンファリーナを買収することで合意に達した」と発表している。

テック・マヒンドラ社は、同じくマヒンドラグループの傘下企業。IT、ネットワーク、エンジニアリング、BPOサービスを提供している。

今回の合意では、ピニンファリーナの株式の76.06%を、マヒンドラ&マヒンドラとテック・マヒンドラが取得。なお両社に買収後も、ピニンファリーナの独立性は保たれる。

マヒンドラグループのアナンド・マヒンドラ会長は、「ピニンファリーナの伝説的なハイエンドデザインが、マヒンドラグループ全体のデザイン能力を大きく引き上げるだろう」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集