ZF、モータースポーツ向け新型ATを発表…トルクコンバーター廃止などで軽量化

自動車 ビジネス 企業動向

ZF モータースポーツ向け新型AT 8P45R
  • ZF モータースポーツ向け新型AT 8P45R
  • BMW M235iレーシング(参考画像)
ZFは、モータースポーツ向け新型オートマチックトランスミッション(AT)「8P45R」を新たに開発。ニュルブルクリンクで10月末に開催されたVLNレースでデビューを果たした。

これまで、ATはモータースポーツには適さないシステムと考えられてきたが、ZFではモータースポーツ向けのAT「8HP」を開発し、2014年シーズン以降、ワンメイクレース「BMW M235iレーシングカップ」でその品質を実証してきた。

今回発表した「8P45R」は、「8HP」をベースに、新設計した新型ATだ。モータースポーツに対応するためレシオ、シフトポイント、シフトスピードの性能を向上。また、さまざまな軽量化により、重量は約15%軽減、内部の電力損失も低減している。

4つの遊星ギアセットと5つのシフトエレメントで構成する基本設計は、以前の「8HP」を継承しているが、新ATではトルクコンバーターを廃止。発車プロセスは内部のシフトエレメントによって実行し、エンジンの振動によるダメージは、トランスミッションインプットの上流側に位置する振動ダンパーで防止している。

また、ギアレシオの間隔を狭め、ギア間の回転数減少を抑制。「8HP」では、レース時に1~6速ギアしか使用できなかったが、新ATでは、8速までのギアすべてを動作レンジ内に適切に配置し、スポーティなドライビングを実現している。

ZFでは、2016年第2四半期に8P45Rトランスミッションの市場投入を予定。当初はBMW M235iレーシングにのみ提供するが、将来的には、他メーカーのスポーツカーにも搭載を拡大していく予定だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集