テーマは世界の動物…エミレーツ航空が子ども向けの新しいおもちゃを導入

航空 企業動向

テーマは世界の動物…エミレーツ航空が子ども向けの新しいおもちゃを導入(1)
  • テーマは世界の動物…エミレーツ航空が子ども向けの新しいおもちゃを導入(1)
  • テーマは世界の動物…エミレーツ航空が子ども向けの新しいおもちゃを導入(2)
  • テーマは世界の動物…エミレーツ航空が子ども向けの新しいおもちゃを導入(3)
エミレーツ航空は11月19日、子どもの乗客向けに、新しいおもちゃ「フライ・ウィズ・ミー・アニマル」とアクティビティ・バッグ「フライ・ウィズ・ミー・ロンリー・プラネット」を導入したと発表した。

「フライ・ウィズ・ミー・アニマル」は、人気を博した「フライ・ウィズ・ミー・モンスター」に代わる、新しいおもちゃ。対象年齢は8歳以下。アフリカのライオン、中国のパンダ、ラテンアメリカのサル、中東のラクダが3タイプのおもちゃ(マグネット式ボードなど)にあしらわれている。なお、新しい動物が半年ごとに導入される予定。

「フライ・ウィズ・ミー・ロンリー・プラネット」は、旅行情報サイト「ロンリー・プラネット」と協力して製作した4種類のバッグ。対象年齢は6~12歳。折り畳み式の世界地図、旅日誌、ドリンクボトル、世界の豆知識を記したカード、学べる冊子など、冒険心をくすぐる小物が含まれている。エミレーツによると、バッグの種類によって中身は異なるとのこと。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集