ISのテロ攻撃、マレーシアの要人もターゲットに

エマージング・マーケット 東南アジア

11月13日夜(日本時間14日早朝)にパリ中心部のコンサートホールやサッカー場など6か所を標的とした同時多発テロ事件が発生した
  • 11月13日夜(日本時間14日早朝)にパリ中心部のコンサートホールやサッカー場など6か所を標的とした同時多発テロ事件が発生した
ヒシャムディン・フセイン国防相は15日、最近の報告書によると自身を含めたマレーシア政府の大臣らがISのターゲットとなっていることを明らかにした。

ディパバリのオープンハウスに出席した同相は、個人の名前や詳細に関して、混乱を招く恐れがあるとして明言を避けた。また13日にフランス・パリで起きた同時多発テロに言及し、フランス人だけではなく世界平和に敵対したテロリズムであるとし、強く非難すると述べた。

また、他国と共にマレーシアもテロリズムと闘う姿勢を改めて強調した。同時多発テロでは120人以上の死亡が確認されており、多くの負傷者が出ている。

パリの同時多発テロを受け、KLタワーは14日夜、1時間毎に1分間フランス国旗の色である青、白、赤色にライトアップされた。
千田真理子