2016年初飛行のボーイング 737MAX に島津製作所の機器

航空 企業動向

島津製作所
  • 島津製作所
 島津製作所(京都府京都市)は11日、ボーイング社の航空機に搭載される機器について、受注していた3品目の納入を順次開始すると発表した。

 今回、同社が納入するのは、ボーイング737MAX向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング777型機向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング737MAX向け「Ground Spoiler Control Module」。

 ボーイング737MAXは2016年に初飛行が予定されており、今年9月の段階で世界各国で58の航空会社から2869機を受注されているとのこと。島津製作所では民間航空機向けの製品をグローバル戦略商品と位置づけ、売上高の拡大を目指すという。

 島津製作所の航空機器事業の売上高は248億4800万円(2015年3月期)。

島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

《オフィス本折/H14》

特集