入間基地航空祭、貴重な機体も飛行…20万人こえる来場者[写真蔵]

航空 エンタメ・イベント

航空自衛隊しか運航していない国産のYS-11。
  • 航空自衛隊しか運航していない国産のYS-11。
  • 飛行場の機器点検を行う航空点検隊。
  • 航空点検隊にはU-125も配備されている。こちらも希少な機体。
  • 航空総隊のT-4練習機が編隊を組んで離陸。
  • 航空総隊のT-4は「シルバーインパルス」とも呼ばれている。
  • ブルーインパルス出身のパイロットもいるので、乗ってしまうと血が騒ぐ?
  • 編隊飛行でご挨拶。スモークが出ないだけで、ブルーインパルスと遜色のない飛行。
  • 階級的には(かなり)上の人たちが操縦しています。
3日に航空自衛隊・入間基地で開催された「入間基地航空祭」には今年も多くの来場者が訪れた。公式発表によると、その数は20万人。昨年よりは少なくなったというが、それでも多くの人が青空の中を華麗に飛ぶ、様々な飛行機の姿を堪能した。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集