スマホ対応の電動アシスト自転車「ベスビーLX1」

モーターサイクル 新型車

モトベロ・ベスビーLX1
  • モトベロ・ベスビーLX1
  • モトベロ・ベスビーLX1
  • モトベロ・ベスビーLX1
  • モトベロ・ベスビーLX1
  • モトベロ・ベスビーLX1
  • モトベロ・ベスビーLX1
  • モトベロ・ベスビーPS1
  • モトベロ・ベスビーJS1
電動アシスト自転車専門店「代官山モトベロ」を運営するモトベロは、次世代e-bike「BESV(ベスビー)」シリーズのニューモデル「BESV LX1(ベスビーLX1)」を発売する。

ベスビーLX1は、日本初となるスマートフォンとの連携アプリケーションシステムを搭載した電動アシスト自転車だ。専用アプリで走行ルートや走行履歴の記録、盗難防止機能などを使用できる。アプリはバージョンアップでの機能追加を予定。

走行距離は60km~85km。700×35cタイヤとバッテリー内蔵型アルミフレーム、リアハブモーターを採用したベスビーシリーズの最上位モデルとなる。

フレーム一体型のヘッドライトは、機能とデザインを損なうことなく単一ユニットとして統合。アルミフレームはモトGPのレーシングバイクと同様のプロセスで製造し、独立的なサドルデザインと組み合わされている。

11月6日から先行予約、11月25日に発売開始。39万8000円(税抜き)。限定カラーのオレンジのみ41万8000円(税抜き)。

11月6日~11月8日にかけて千葉市・幕張メッセで開催されるサイクルモードインターナショナル2015には、ベスビー全4モデルが展示される(展示&試乗:PS1、LX1、展示のみ:JS1、CF1)。
《美坂柚木@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

特集