IGRいわて銀河鉄道、青山駅に本社を移転…11月16日

鉄道 企業動向
青山駅の南口を1階に包合する新社屋。
  • 青山駅の南口を1階に包合する新社屋。
IGRいわて銀河鉄道は11月4日、現在、盛岡市上田1丁目にある本社屋を11月16日に青山2丁目に移転すると発表した。

現在の社屋はJR山田線上盛岡駅に近い場所にあるが、災害・異常時における即応力強化と日常の業務効率化・経費節減のため、同日に青山駅に新設される南口(青山南口)と一体となった新社屋へ移転するという。これにより、従来の青山口は「青山北口」に改称される。

この移転に伴い、11月14日には盛岡・厨川・滝沢・いわて沼宮内・二戸の各駅でクレジットカードによる取扱いを終日停止。11月13日6時から18時まではサーバーメンテナンスのため、ホームページの閲覧ができなくなる。また、関連会社の銀河鉄道観光は11月13日に臨時休業し、11月16日から青山駅南口1階で営業を再開する。電話番号は本社、銀河鉄道観光ともに11月16日から変更となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集