西武鉄道、横瀬車両基地の一般公開イベント実施…11月7日

鉄道 企業動向
西武鉄道は今年も横瀬車両基地の一般公開を行う。写真は昨年の一般公開の様子。
  • 西武鉄道は今年も横瀬車両基地の一般公開を行う。写真は昨年の一般公開の様子。
  • 西武池袋線の開業100周年記念ヘッドマークを取り付けた30000系。今回のイベントでは100周年ヘッドマーク付きの臨時普通列車が池袋~横瀬間で運行される。
西武鉄道は11月7日、西武秩父線の横瀬車両基地(埼玉県横瀬町、横瀬駅から徒歩5分)を一般公開する恒例のイベント「西武トレインフェスティバル2015 in 横瀬」を開催する。開催時間は10時から14時30分まで。

機関車の展示や、池袋線開業100周年のパネル展示、鉄道用品・グッズの販売、保守車両の乗車体験などが行われる。また、当日は西武新宿~西武秩父間で臨時特急、池袋~横瀬間で臨時普通列車が運行される。

このうち臨時普通列車は、池袋線100周年記念ヘッドマークを取り付けた30000系電車を使用。池袋線の開業時から営業している12駅に停車しながら横瀬駅に向かい、そのまま会場となる横瀬車両基地で展示する。運行時刻など詳細は後日案内される。
《草町義和》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース