関東鉄道、常総線水海道~下妻間で代行バス運行開始…10月下旬に再開へ

鉄道 企業動向

常総線水海道(茨城県常総市)~下妻(下妻市)間18.6kmの運行を見合わせている関東鉄道は9月28日から、同区間で代行バスの運行を開始した。

常総線は取手~下館間51.1kmを結ぶ鉄道路線。9月10日、関東・東北豪雨による鬼怒川の決壊などにより線路が冠水し、全線で運転を見合わせた。その後、9月14日に下妻~下館間、9月16日に取手~守谷間、9月18日に守谷~水海道間が順次再開。残る水海道~下妻間もこのほど、代行バスの運行が始まった。

既に運行を再開している取手~水海道間は通常の9割程度の本数、下妻~下館間も3割程度の本数で運行している。

同社は「10月下旬に列車運行再開を目指しております」としており、全線の再開までにはもうしばらく時間がかかる見込みだ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集