【ITS世界会議 15】日本無線、ドライビングシミュレーターなどを出展

自動車 ビジネス 企業動向

シミュレーターシステム
  • シミュレーターシステム
  • ロードスタジオ
日本無線は、10月5日から9日までの5日間、フランス・ボルドーで開催される「第22回ITS世界会議2015」において、ドライビングシミュレータに関するシステムを出展する。

同社ブースでは「Design as you wish」をコンセプトに、これまで培ってきたシミュレーション技術を結集したドライビングシミュレータ構成機器を展示する。また、来場者に対してデモンストレーションを行う。

出展する「ステアリング反力発生装置」は、ステアリング操作のなめらかな感覚を再現することで、よりリアルなシミュレーション環境を実現する。

また「ロード・スタジオ」は、シンプルな操作でスピーディーに道路、周辺環境作成を可能とする道路データベース作成ソフトウェア。ラウンドアバウト、交差点、ガードレール、建物、日光、影、風などの環境も自由に編集し、好みのシミュレーション環境を作成できる。

「メータ・スタジオ」は、メータパネルのレイアウトや色を編集できるグラフィック開発支援ソフトウェア。車両開発の前段階でメータ動作と視認性の検証が可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集