LCCノルウェー・エアシャトル、コーク発着の大西洋横断路線を開設へ

航空 企業動向

ノルウェー・エアシャトル
  • ノルウェー・エアシャトル
格安航空会社(LCC)のノルウェー・エアシャトルは9月25日、コーク=ボストン、ニューヨーク、バルセロナ直行便の新規開設計画を発表した。

コークはアイルランド南部の都市。欧州LCCの中で3番目の規模を誇るノルウェー・エアシャトルはアイルランド・英国発着路線の継続的な拡充を目指し、アイルランド系アメリカ人が多く暮らすボストンとニューヨークへの就航を計画している。

新規路線の運航開始時期(便数)は、コーク空港初の大西洋横断路線となるボストン線が2016年5月(週4~5便)、ニューヨーク線が2017年(便数未定)、バルセロナ線が2016年5月(週4~5便)。米国2路線の機材はボーイング737-800型機を予定。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集