日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

自動車 ニューモデル 新型車
ZX50U-5B(一部オプションを含む)
  • ZX50U-5B(一部オプションを含む)
日立建機は、後方超小旋回型ミニショベル「ZX30U-5B/ZX35U-5B/ZX40U-5B/ZX50U-5B」を10月1日から発売すると発表した。

従来機ZX30U-5A、ZX35U-5A、ZX40U-5A、ZX50U-5Aの「ユーザーフレンドリーなミニショベル」の3本の柱である優れた作業性・操作性、快適な居住性、容易な整備性を踏襲し、排出ガス規制に対応した。

電子制御式エンジンや効率化油圧システムなどの低燃費技術を採用したほか、「オートアイドル機能」を装備する。作業に応じて選択可能なPWR(パワー)モード/ECO(エコノミー)モードの2つの作業モードを搭載する。

3.6インチ大型マルチ液晶モニタを採用し、視界性を向上した。チルトアップフロアを採用し、スムーズなサービス作業を実現する。上下スライド式エンジンカバーとワンタッチで開くラジエータカバーの採用で、車体後方からのメンテナンスを容易とした。

4機種とも「国土交通省超低騒音型建設機械」への指定を申請中。ZX40U-5B、ZX50U-5Bは、特定特殊自動車(オフロード法)排出ガス2014年基準に適合し、ZX30U-5B、ZX35U-5Bが排出ガス対策型建設機械3次基準に適合する。

販売目標は、国内向けに年間2500台。価格は445万円から615万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集