グーグル、ヒュンダイ の前の米法人トップを起用…自動運転車の開発に

自動車 ビジネス 企業動向

グーグルが自社開発した自動運転車の最新プロトタイプ
  • グーグルが自社開発した自動運転車の最新プロトタイプ
  • グーグルの自動運転車の開発プロジェクトに参加することをTwiiterで発表したジョン・クラフチック氏
自動運転車(ロボットカー)の早期実用化を目指しているグーグル(Google)。同社がこのプロジェクトに、韓国ヒュンダイモーター(現代自動車)の前の米国法人のトップを起用することが分かった。

これは9月14日、ジョン・クラフチック氏が自身のTwitterページで明らかにしたもの。同氏は、「9月下旬から、グーグルの自動運転車のプロジェクトに参加する」と公表している。

ジョン・クラフチック氏といえば、ヒュンダイの米国法人、ヒュンダイモーターアメリカの社長を、務めていた人物。同社を退社後は、自動車ネット販売大手、「TrueCar」の社長に就任していた。

ジョン・クラフチック氏は、「大きな可能性を秘めたグーグルの自動運転車の開発を手助けするのは、素晴らしい機会」とコメント。

さらに、「プロジェクトへの参加が待ち遠しい」とつぶやいている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集