横浜ゴム、インド現地法人がネパール大震災の被災者を支援

自動車 ビジネス 企業動向

インド赤十字社のピー・シー・パルティハリ副長官(右)に義援金を手渡す藤津聡YIN社長
  • インド赤十字社のピー・シー・パルティハリ副長官(右)に義援金を手渡す藤津聡YIN社長
  • ネパール大地震
  • ネパール大地震
  • ネパール大地震
横浜ゴムは、インド現地法人ヨコハマ・インディア(YIN)が今年4月に発生したネパール大地震の被災地を支援すると発表した。

今回、YIN従業員から15万8704インドルピーと、YINからの義援金34万1296インドルピーを合わせた総額50万インドルピー(約90万円)をインド赤十字社に寄付した。

義援金は、9月5日にYINの藤津聡社長がインド赤十字社のピー・シー・パルティハリ副長官に手渡し、「震災のあったネパールに救援物資を補充するため、責任を持って使用する」との謝辞を述べた。

ネパール大地震は、4月25日にネパールの首都カトマンズから北西80キロメートル付近を震源に発生したマグニチュード7.8の地震で、ネパールと周辺国に甚大な被害をもたらした。多くの家屋が倒壊したほか、ユニセフの発表によると8月20日時点で9000人近い犠牲者が出ている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集