日立マクセル、車載用LiB向け塗布型セパレーターの塗布加工能力を増強

エコカー EV

日立マクセルの塗布技術
  • 日立マクセルの塗布技術
日立マクセルは9月15日、宇部興産のセパレーター生産能力増強計画を受け、車載用リチウムイオン二次電池(LiB)に使用される塗布型セパレーターの塗布加工能力増強を図ると発表した。

マクセルのセパレーターへの塗布加工は、長年磁気テープ製造で培ってきた分散塗布技術を活かしたもの。セパレーター上に無機微粒子によるコーティング層を形成することで、高温時の収縮率を抑制する。これにより、電池内部での短絡を防ぎ、LiBの安全性の向上を実現、車載用途に求められる耐久性や高温耐熱性などの要件に対応した。

マクセルは、宇部興産との合弁会社である宇部マクセルを通じて、内外のLiBメーカーに塗布型セパレーターを供給している。今回、塗布型セパレーターへの塗布加工能力を増強することで、宇部マクセルとともに拡大する需要に応えていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集