反BERSIH大集会、9月16日の開催濃厚に…パダンメルボクに開催地一本化 マレーシア

9月16日の「マレーシア・デー」にマレー人右派団体がクアラルンプール(KL)市内で計画していた数万人規模のナジブ・ラザク政権支持の大規模集会について、当局からのお墨付きが出たため開催が濃厚となった。

エマージング・マーケット 東南アジア
9月16日の「マレーシア・デー」にマレー人右派団体がクアラルンプール(KL)市内で計画していた数万人規模のナジブ・ラザク政権支持の大規模集会について、当局からのお墨付きが出たため開催が濃厚となった。

同大集会は、公正な選挙を求める活動を行なっている非政府組織(NGO)が8月29日午後から31日未明にかけて開催したナジブ首相の退陣を求める大規模集会、「BERSIH(クリーン)4.0」に対抗したもので、BERSIH4.0の黄色シャツに対抗して赤シャツを着ているため「赤シャツ・ラリー」などとも呼ばれている。主催者側は30万人を動員すると公言している。

当初は開催阻止の意向を示していた警察だが、カリド・アブ・バカル警察長官は14日、主催者側からジャラン・パーリアメンに隣接するパダン・メルボクで開催したいとの申請があり、KL市政府(DBKL)がこれを承認したと言明。大規模集会が合法化されたと述べた。

主催者らは当初、ブキ・ビンタンやチャイナタウンでの開催を主張していたが、テンク・アドナン・テンク・マンソル連邦直轄地相は公道デモを許さないと言明。暗に附近のスタジアムや広場での開催で妥協するよう促した。日当100リンギほどで多くのマレー人の若者が動員されるとの情報も流れており、コントロールを失った彼らが暴力騒ぎを起こすことだけは避けたい当局側が場所を限定しての集会容認に向かったとみられる。

政権支持をうたっているだけにナジブ首相は当初から及び腰で、与党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)党員に対して「積極的に支持はしないが、参加を禁止することはしない」と容認ともとれる発言を行なっている。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース