マレーシア与党UMNO、ムヒディン氏らへの処分なし 党内一体化を強調

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア クアラルンプール
  • マレーシア クアラルンプール
与党第一党・統一マレー国民組織(UMNO)最高評議会が9日、クアラルンプール市内で開かれ、改めて党内の団結を強化していくことを確認した。

1MDB問題を巡ってナジブ・ラザク政権を批判し、先の内閣改造で更迭されたムヒディン・ヤシン副総裁(前副首相)、シャフィー・アプダル総裁補(前地方地域開発相)も出席したが、囁かれていた両者への処分はなく、ムヒディン氏らを支持する党内の反ナジブ勢力に配慮した格好となった。なおUMNOは、12月8-12日に党大会を開催する。

ナジブ首相はムヒディン氏と笑顔で握手するなど、党内の足並みが揃っていることを内外にアピール。評議会会議が円満な雰囲気の中で行なわれたと強調した。ムヒディン氏も「私は純粋なUMNO党員だ」と述べ、党に対する忠誠を強調した。

一方、会議場の外ではムヒディン氏への処分を恐れる100人あまりの党員が集結、ムヒディン氏支持を訴える声をあげた。

1MDB問題を巡っては、ムヒディン氏やシャフィー氏と共に、ムクリズ・マハティール氏(ケダ州首相)、アブドル・アジズ・シェイク・ファジル氏(ケダ州下院議員)、アハマド・サイド氏(前トレンガヌ州首相)、ハミダー・オスマン氏(前ペラ州閣僚)、ジュマット・イドリス氏(サバ州下院議員)らの幹部もナジブ政権を批判しており、何らかの処分が科される可能性が指摘されていた。
伊藤 祐介