広島空港が通常運用へ、計器着陸装置の高カテゴリー運用を再開

航空 企業動向

計器着陸装置(ILS)
  • 計器着陸装置(ILS)
  • 広島空港 Webサイト
アシアナ航空の事故で5月5日から仮設機材により仮復旧していた広島空港のILS(計器着陸装置)について、機材の設置、飛行検査が完了。今後、国際基準に基づく運用評価を行い、事故発生前と同じ高カテゴリー(カテゴリーIIIb)運用を、9月19日7時30分から再開する。

国土交通省は、運用評価期間における機器の作動状況により、再開日時を変更する可能性があるとしている。

高カテゴリー運用再開により、西側(滑走路10側)からの着陸時、気象条件が滑走路方向の視程が550m以上から100m以上に緩和され、事故発生以前と同様に安定的な運航が可能となるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集