パレスホテル東京の、プレゼントが楽しみになるクリスマスケーキ

エンターテインメント 話題

パレスホテル東京のクリスマスケーキ&クリスマスブレッド限定販売/「レーブ」(2万円)
  • パレスホテル東京のクリスマスケーキ&クリスマスブレッド限定販売/「レーブ」(2万円)
  • 「ボネ・ド・ペール・ノエル」(8,000円)
  • 「ボネ・ド・ペール・ノエル」(8,000円)
  • 「ルミエール」(4,000円)
  • 「クロンヌ」(4,000円)
  • 「モンブラン」(5,500円)
  • 「シュトーレン」(2,000円)
  • パレスホテル東京のクリスマスケーキ&クリスマスブレッド限定販売/「レーブ」(2万円)
東京・丸の内のパレスホテル東京が、12月20日から25日まで、ペストリーショップ「スイーツ&デリ(Sweets & Deli)」にてクリスマスケーキとクリスマスブレッドを限定販売する。

クリスマスケーキは、子どもたちに向けた遊び心たっぷりのものから、女子会や大人のパーティーを意識したものまで全7種類が登場する。用途やシーンを細かく想定することで、それぞれの個性が引き立つバラエティに富んだラインアップとなっている。

煙突の上に絶妙なバランスでプレゼントボックスを乗せた「レーブ」(2万円)は、サンタクロースが煙突に入りきらないほどの大きなプレゼントを届ける様子を表したもの。ダークチョコレートでできたプレゼントボックスを開くと、中からキューブ型のチョコブラウニーとバニラのプティシューが現れる。サプライズ感たっぷりの一品は、子どもたちと賑やかに過ごすクリスマスにぴったりだ。

真っ白なホワイトチョコレートで作られた、雪化粧をまとったかのようなコーン型のツリーケーキ「サパン・ド・ノエル」(1万円)は、中に彩り豊かなマカロンタワーが覗く愛らしい一品。フランボワーズやレモンなど5種のマカロンを使っており、シェアしやすいのが特徴だ。

ポインセチアのリースをモチーフにした「クロンヌ」(4,000円)は、ベリーとショコラの艶やかなムースに、チョコレートで作られた真っ赤なリーフで華やかに飾り付け。パッションフルーツやマンゴー、バナナを使い、ブッシュ・ド・ノエルをモダンにアレンジした「ルミエール」(4,000円)は、太陽に照らされ黄金色に輝く雪原と木々を表現。パレスホテル伝統の逸品であるマロンシャンティイは、真っ白な雪原を想わせるクリスマス限定スタイル「モンブラン」(5,500円)として登場。オリジナルの生クリームをブレンドした「ストロベリー・ショートケーキ」(5,000円)は粉雪をまとった華をイメージしている。

また昨年人気を博した、サンタクロースの赤い帽子を取るとチョコレートでできたサンタクロースが現れるチーズケーキ「ボネ・ド・ペール・ノエル」(8,000円)が今年も再登場。クリスマスケーキ全7種はいずれも10月1日から予約を受け付ける。

毎年人気を集めているクリスマスのドイツ菓子「シュトーレン」は、ドライフルーツをふんだんに使った定番タイプ(2,100円)、たっぷりのきな粉と柚子の香りで仕上げた「ボーネン・シュトーレン」(2,100円)、ガトーショコラのような「シュバルツ・シュトーレン」(2,200円)の3種を用意。サラミのようなルックスが特徴的なイースト菓子「ベラヴェッカ・アン・ソシソン」(1,100円)、イタリア伝統のパン「パネトーネ」(L 1,200円、S 400円)と合わせて、12月1日から25日まで店頭に並ぶ。

この他、シュトーレンやショコラ、焼菓子を詰め合わせた「クリスマスハンパー」(7,000円)、大山鶏や温野菜をセットにした「クリスマスギフト ローストチキン」(4~6名用 7,500円、シャンパン付き 1万2,000円)など、季節の挨拶にぴったりのギフトも販売する(いずれも要予約)。

パレスホテル東京、仕掛けたっぷりのクリスマスケーキを限定販売

《畑 麻衣子》

編集部おすすめのニュース