キャセイパシフィック航空、福岡就航50周年記念式典を開催

航空 企業動向
キャセイパシフィック航空、福岡就航50周年記念式典を開催(1)
  • キャセイパシフィック航空、福岡就航50周年記念式典を開催(1)
  • キャセイパシフィック航空、福岡就航50周年記念式典を開催(2)
  • キャセイパシフィック航空、福岡就航50周年記念式典を開催(3)
キャセイパシフィック航空は9月2日、福岡-香港線就航50周年を迎え、福岡空港国際線ターミナルビル3階出発ゲートで記念式典を開催した。

キャセイ航空は1965年9月2日、福岡-香港定期便の運航を週2便で開始した。当時のキャセイ航空の日本就航都市は東京(羽田)と大阪のみ。運航開始当初の福岡-香港線は、香港を出発し、台北、福岡、ソウル、福岡を経由して香港に戻るルートだった。

麻生渡・福岡空港ビルディング社長らが来賓として出席した記念式典で、クラレンス・タイ・キャセイ航空日本支社長は、キャセイ航空と香港ドラゴン航空が福岡-香港線で最多の週14便を運航している現状を強調し、「今後も福岡・九州地方と香港の繋がりを強化し、福岡の旅行産業やビジネスに大きく貢献できるよう、より一層努力していく」と決意表明した。

記念式典のラストには、投稿写真がキャセイ航空のポストカードになるキャンペーンの結果発表が行われ、山下智啓さんが最優秀賞に選ばれた。福岡就航50周年の節目にCX511便で香港に向かう搭乗客には、山下さんの写真を用いたポストカードと、キャセイ航空オリジナルグッズがプレゼントされた。

なお、キャセイ航空は福岡就航50周年を記念し、15日までの期間限定で、福岡-香港往復運賃を2万7000円(燃油サーチャージ、諸経費は別途)で販売している。出発期間は10月27日~12月25日。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース