ゴミ分別制度、クアラルンプール、プトラジャヤ、他6州で開始…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
クアラルンプールとプトラジャヤ、半島部の6州において9月1日よりゴミの分別制度が導入された。実施対象は、ジョホール、マラッカ、ネグリ・センビラン、パハン、ペルリス、ケダ6州及びクアラルンプール、プトラジャヤ。

固形廃棄物の処理事業を行っているソリッド・ウェイスト・マネジメント・アンド・パブリック・クレンリネス・コーポレーション(SWCorp)によると、リサイクル、粗大ゴミ、庭ゴミ、その他の4つに分別することが義務付けられる。その他ゴミは週2回収集され、リサイクルや粗大ゴミ、庭ゴミは週1回収集が行われる。分別しなかった場合は警告がが出される。

2007年固形廃棄物及び都市清掃管理法は来年に発効を予定しており、発効後に分別を行わなかった場合、最高で1000リンギの罰金が科せられるようになる。

SWCorpによると、ゴミ分別を実施することで、2020年までに廃棄処理場に運ばれるゴミは最大で40%減少し、リサイクル率は22%増加することが見込まれている。

一方で一般住民からはゴミ分別に関する知識がない、また政府による周知徹底も行われていないなどの声が出ている。また、マレーシア人はリサイクルへの意識が低く、リサイクルをすることの利点について教育することが必要との意見もある。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース