インド国内LCCのパイロット、霧による視界不良時の着陸訓練が不十分

インド民間航空管理局は、ヴィスタラ航空やエアアジア、スパイスジェットの小型旅客機に配置されているパイロットらは、濃霧といった視界不良時の飛行訓練において不完全であると明らかにした。

エマージング・マーケット インド・南アジア
インド民間航空管理局は、ヴィスタラ航空やエアアジア、スパイスジェットの小型旅客機に配置されているパイロットらは、濃霧といった視界不良時の飛行訓練において不完全であると明らかにした。エコノミックタイムスが報じた。

視界不良時の着陸は離陸より大きな問題であるとみなされており、これらの航空会社では濃霧の際に運行に影響がでる恐れがあるとしている。

ボーイング737型機やエアバスA320型機などの大型旅客機には視界125mまでであれば離着陸時の安全を確保する技術を搭載しているが、ボンバルディアQ400型機やATR型機においては視界200m以下での操作が可能な装備がない。

またエアアジアとヴィスタラのパイロットは視界125mまでの着陸訓練を含む”CAT 3”レベルに達しておらず、スパイスジェットのQ400のパイロットも”CAT 2”のレベルに達していない。

「ヴィスタラが”CAT 3”に準拠していないことはその運行に影響を与える恐れがあり、スパイスジェットもまた同様である。エアアジアに関しては視界不良になる早朝の便がないため、問題にはならない」とされている。

ヴィスタラの広報担当者は「我々はDGCAと協議しすぐにパイロットらの訓練に入れることを願っている」と話した。
編集部

編集部おすすめのニュース

特集