ダイドードリンコ、マミーの飲料事業に資本参加…マレーシア

ダイドードリンコは8月28日、マレーシアの食品メーカー、マミー・ダブルデッカーの飲料事業部門へ資本参加することを明らかにした。

エマージング・マーケット 東南アジア
ダイドードリンコは8月28日、マレーシアの食品メーカー、マミー・ダブルデッカーの飲料事業部門へ資本参加することを明らかにした。

ダイドーは、マミーの飲料事業部門の製造会社MDDビバレッジ社の株を49%取得し合弁会社とする。また、マミーの飲料事業部門の販売会社ミルク・スペシャリティーズ・ディストリビューション社の株を51%取得し合弁会社とする。

マミーの飲料事業部門への資本参加により、ダイドーはマレーシアの飲料市場における事業拠点を確保するとともに、 東南アジア諸国連合(ASEAN)市場進出への足がかりとし、同地域において中長期的な事業拡大を図る計画だ。

マミーは、マレーシアにおいてスナック菓子やインスタントヌードルにおいて、高い販売実績とブランド認知度を有している。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース