日本郵船、インド・パバブ港からフォードの完成車を初めて輸出

船舶 企業動向
自動車専用船「APHRODITE LEADER」(参考画像)
  • 自動車専用船「APHRODITE LEADER」(参考画像)
  • ピパバブ港ロケーション
日本郵船は、8月26日にインド北西部グジャラート州のピパバブ港で、初の完成車輸出を開始したと発表した。

同社運航の自動車専用船にフォード・インディアの工場で生産された完成車を積み込んだ。

ピパバブ港は、今年8月から完成車物流ターミナルとして運営が開始された。同ターミナルでは年間25万台相当の完成車を蔵置するスペースを備え、PDI(納車前点検・整備)サービスを提供する。インド西海岸エリアでは、フォード・インディアを始めとした自動車メーカー各社が輸出拡大を計画しており、将来的には、同港が完成車の輸出拠点となることが見込まれている。

日本郵船は今後も、経済成長が見込まれるインドで、完成車物流での顧客ニーズにきめ細かく対応していくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • メキシコ、インドからの最大自動車輸出国に 画像 メキシコ、インドからの最大自動車輸出国に
  • 日本郵船、小中学校の教員10人の研修受け入れ…操船シミュレーター体験など 画像 日本郵船、小中学校の教員10人の研修受け入れ…操船シミュレーター体験など
  • 日本郵船、客船「飛鳥II」や自動車船の船内見学会を開催 画像 日本郵船、客船「飛鳥II」や自動車船の船内見学会を開催
  • フォード、インドに新工場…現地生産能力は2倍に 画像 フォード、インドに新工場…現地生産能力は2倍に

特集

おすすめのニュース