日本郵船、船舶エンジン燃焼室内内部を自動撮影できる装置を開発

船舶 企業動向
船舶エンジン(参考画像)
  • 船舶エンジン(参考画像)
日本郵船は、MTIと船舶エンジン燃焼室内部を自動撮影する装置「きらりNINJA」を開発した。

「きらりNINJA」は、360度パノラマカメラとLED照明を装備し、光が入らない燃焼室内部における全周方向撮影が可能。

現在、エンジンの燃焼室を点検する際、エンジンを停止し、乗組員が内部に入り、点検している。燃焼室内部は暗いため、隅々まで見えづらく、高温環境での長時間作業となるため、乗組員にとって負担が大きい。

今回開発した装置は、パノラマカメラと照明で構成されており、燃焼室のピストン上部に装置を置くだけで、ピストンの上下1往復する約10分間、燃焼室内部全周方向の自動撮影が可能となり、乗組員の作業負担を大幅に軽減する。

撮影した画像により、燃焼室内部の状態を詳細にわたり把握することが可能で、燃焼室内部の隅々までより詳細に把握できることでタイムリーなメンテナンスが可能となる。機関事故を未然に防ぐとともに、メンテナンスコスト削減にも寄与する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタの次世代ターボディーゼル…ダウンサイズしながら最大熱効率44%達成 画像 トヨタの次世代ターボディーゼル…ダウンサイズしながら最大熱効率44%達成
  • BMW 、エンジン冷却の新技術発表…プロトタイプを公開 画像 BMW 、エンジン冷却の新技術発表…プロトタイプを公開
  • 車載用鍛造部品向け外観検査装置、SCREENホールディングスが開発 画像 車載用鍛造部品向け外観検査装置、SCREENホールディングスが開発
  • 三井造船、エタンと重油の二元燃料ディーゼルエンジンを受注 画像 三井造船、エタンと重油の二元燃料ディーゼルエンジンを受注
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース