三菱航空機、米シアトル設置のエンジニアリングセンターが稼働…MRJ開発を加速

航空 企業動向
三菱MRJ(参考画像)
  • 三菱MRJ(参考画像)
  • 三菱MRJ(資料画像)
三菱航空機は、子会社の米国三菱航空機が米国ワシントン州シアトル市に「シアトル・エンジニアリング・センター」(SEC)を開設し、本格的に業務を開始したと発表した。

シアトルは、世界的な航空機産業の一大集積地で、この地に開発拠点を設けることで、航空機開発におけるエキスパートの知見を最大限に活用し、「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の開発を加速する。

SECでは、AeroTECの協力を受けてMRJの適合性証明活動を加速し、2016年第2四半期から実施予定の同ワシントン州モーゼスレイク市にあるグラント・カウンティ国際空港を拠点とした飛行試験の支援に当たる。

同センターは、地元を中心に約100人のエンジニアを採用し、日本から派遣する約50人のエンジニアと合わせ、約150人のメンバーで運営する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱航空機、MRJ 飛行試験機2号機で全機振動試験を実施 画像 三菱航空機、MRJ 飛行試験機2号機で全機振動試験を実施
  • 三菱航空機、パリエアショーで MRJ 実物キャビンモックアップを展示 画像 三菱航空機、パリエアショーで MRJ 実物キャビンモックアップを展示
  • 三菱航空機、MRJ試験機5号機の胴体塗装を完了…ANAカラーとのコラボ塗装 画像 三菱航空機、MRJ試験機5号機の胴体塗装を完了…ANAカラーとのコラボ塗装
  • 三菱航空機 MRJ、初号機の走行試験を開始 画像 三菱航空機 MRJ、初号機の走行試験を開始

特集

おすすめのニュース