JAF、会員向けに駐車場シェアサービス事業を開始

自動車 ビジネス 国内マーケット
JAF 駐車場シェアサービス
  • JAF 駐車場シェアサービス
JAF(日本自動車連盟)は、軒先株式会社と業務提携し、JAF会員向けの新規サービスとして「駐車場シェアサービス」事業を、8月3日より開始する。

軒先は「軒先パーキング(インターネットサービス)」を通じて、自宅の駐車場やアパート・マンションの空き駐車場、月極駐車場などの空きスペースを貸したい人と、イベント・観光・ショッピングなどの利用を目的に駐車場を使いたい人をマッチングするサービスを展開している。

今回の業務提携により、JAFは1820万人の会員に対し利用可能な駐車場の登録と利用の促進を担当し、軒先は、「JAF会員専用駐車場シェアサービス」サイトの管理運営を行い、より積極的な事業展開を目指す。

「JAFナビ」では8月3日より、駐車場貸出の募集と利用できる駐車場情報の発信を開始。会員はいつでも閲覧、予約ができる。さらにJAF会員には、駐車場を利用する際の優待料金を設定し、新たな会員サービスとして満足度向上につなげていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集