エーゲ航空、アテネ=リヤド・テヘラン線を新規開設…乗り入れ国・空港数は45カ国・134空港へ

航空 企業動向
エーゲ航空
  • エーゲ航空
ギリシャのエーゲ航空は7月23日、アテネ=リヤド線、ギリシャの航空会社として初となるアテネ=テヘラン線の運航を開始したと発表した。

サウジアラビアの首都リヤド線の便数は週2便(アテネ発は月・木、リヤド発は火・金)。フライトスケジュールは以下の通り。A3938便はアテネを23時30分に出発し、リヤドに翌2時55分に到着。A3939便はリヤドを3時45分に出発し、アテネに7時25分に到着する。機材はエアバスA320。

イランの首都テヘラン線の便数は週3便(アテネ発は月・水・土、テヘラン発は火・木・日)。フライトスケジュールは以下の通り。A3948便はアテネを20時15分に出発し、テヘランに翌1時10分に到着。A3949便はテヘランを2時に出発し、アテネに4時30分に到着する。機材はエアバスA320。

2015年のエーゲ航空の新規開設路線はアテネ=リヤド、テヘラン線で最後となる。今年の新規開設路線は17路線に達し、同航空の乗り入れ国・空港数は45カ国・134空港に増加した。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース