小学生の母親、子どもが使うSNS「誰とやってるか知らない」3割強

エンターテインメント 話題
半数の母親が小学生にインターネットを使わせていないと回答
  • 半数の母親が小学生にインターネットを使わせていないと回答
  • 防犯ブザーの帰宅後の所持率は1~2割
綜合警備保障株式会社(ALSOK)は7月2日、小学生の子供を持つ働く女性を対象とした「小学生と母親の安全に関する意識調査」の結果を発表した。これは6月11日から16日、インターネット調査により実施したもの。有効回答数は500名。調査結果によると、母親の89.2%が子供の日常について心配事を抱えていることが明らかになった。また、85.8%の母親が「夏休みは子供への危険が増す」と感じており、その理由に「自由に使える時間が増えるから」を挙げている。

子供の居場所を把握する必要があると感じている母親は94.8%だが、実際に居場所を把握できていない母親は17.2%となっている。一方、小学生の6割は登下校時に防犯ブザーを持ち歩いているが、帰宅後の所持率は1~2割に減少している。インターネット利用においては、半数の母親は小学生にインターネットを使わせていないと回答しているが、SNSやトークアプリを利用している子供の母親の3割は、子供の連絡先を把握していないことも明らかになっている。なお、子供に危険回避の教育をしてもらうなら「尾木ママ」がいいと6割が答えている。

半数の母親は小学生にインターネットを使用させず--安全意識調査(ALSOK)

《吉澤 亨史》

編集部おすすめのニュース

  • 「黒歴史のカキコミ」消したい…3人に1人がSNS投稿を後悔 画像 「黒歴史のカキコミ」消したい…3人に1人がSNS投稿を後悔
  • SNSサイトでの被害児童数1421人…警察庁も取り締まり強化 画像 SNSサイトでの被害児童数1421人…警察庁も取り締まり強化
  • 美へのこだわり…6割の女性が「プロフィール写真を“盛っている”」 画像 美へのこだわり…6割の女性が「プロフィール写真を“盛っている”」
  • 就活に“勝つ”SNSアプリ…会社ランキングや先輩の体験談が充実 画像 就活に“勝つ”SNSアプリ…会社ランキングや先輩の体験談が充実

特集